地球の美しい鉱物原石を世界各地から買い付け、アクセサリー制作をしています。東京秋川渓谷にある店舗では原石研磨体験、子ども向けのイベント、音楽イベント、スナックなどいろんなことしてます。

リラックス研究所

codomoマーケットdeリラックス 日々の実験〜より深いリラックスを求めて〜

キングコング西野亮廣さんの”えんとつ町のプペル”光る絵本展を主催してから一年。僕は劇的に変わった。

更新日:

こんにちは。

東京秋川渓谷でアクセサリー工房OWNP(オウンピー)やってます店主たくちゃんです。

今日は、僕がキングコング西野亮廣さんのえんとつ町のプペル光る絵本展を主催してから約一年が経つので、この一年のことを少し振り返って書いてみようと思います。

まず、

この一年で、

僕は劇的に変わりました。

まずひとつ。

髭が生えた。

髪型がもじゃもじゃになった。

これは半分ギャグで書いてるんだけど、

半分は割とギャグじゃなくて、

やりたいようにやりたことをやったうちのひとつで。

あの日を境になにが変わったって、やりたいことをやりたいようにやる体質になったんだと思います。

正直に言うと。

この一年、僕の人生史上一番おもしろかったかも。

たぶん、

一年前、あの頃僕は自信をなくしてたんだと思う。

その時自覚はしてなかったけど。

なにをするにも周りが気になってたし、新しいことはやらない言い訳ばっかり探してた。

やらないくせに、

人のことはバカにしてた。

影でね。最悪だよ。

勝手に人のこと評価して、見下して自分の方が上だって勝手に決めつけて安心しようとしてた。

そうしないと自分の心が安定しなくて辛かったんだろうね。

自分も人から評価されるのが当たり前と思ってたから、人とは違うことするとか挑戦するとか、まさかできるわけもなかったよ。

そんな時にキングコング西野亮廣さんに会って。

えんとつ町のプペル光る絵本展を主催して。

僕は劇的に変わることができた。

自分でもびっくりするほど。

(一年前、絵本展でなにがあったかはこの記事に。)

えんとつ町のプペル光る絵本展で出会った人たちがコチコチに固まってしまっていた心を溶かしてくれたんだと思う。

それで、やりたいことをやろうって始めたのが【codomoマーケット】というイベントだった。

あの時。

僕の挑戦が始まったんだ。

情熱が赴くままにやった。

第一回の時に書いた手書きのチラシ原稿が出てきた。

ほんとになんにもなかった。

賛同してくれる人も、協力してくれる人も、もちろんうまくいく保証もノウハウもなにもなかった。

ほんとにひとりでやりたいことをやりたいようにえいやっと決めてやってきた。

このチラシを書いてフェイスブックに記事を上げ、説明会をやった。

ひとり目の申込が決まった時は本当に嬉しかったなー。

2人目、3人目と参加者が決まり、協力してくれる人も現れてくれた。

そしてこの一年で第2回、第3回、第4回と続けることができた。

何度も続ける度に、次はこうしよう、今度はこうしよう、こんなこともやりたいとイメージは広がっていった。

そして5回目は100人でやってみたいと思った。

完全に勢いだった。でもえいやっと言ってみた。

そして、今ここ。

こんなステキなポスターまで出来た。

ボランティアスタッフは20人近く集まってくれた。

子どもの出店者はあと5組で満員御礼というところまできた。

あの時は想像すらしなかったことがたくさん起きてる。

ほんとになんにもなかったのに。

やってみたら今こんなことになってる。

いいねーと言ってくれる人がいて、

手伝うよーと言ってくれる人がいて。

ただの妄想を現実にどんどん起こしてる。

人生は面白い。

あの経験を機に僕の人生は劇的に変わった。

あの時僕がもらったものはただひとつ。

勇気だと思う。

子どもたちに伝えていきたい。

-codomoマーケットdeリラックス, 日々の実験〜より深いリラックスを求めて〜

Copyright© リラックス研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.