地球の美しい鉱物原石を世界各地から買い付け、アクセサリー制作をしています。東京秋川渓谷にある店舗では原石研磨体験、子ども向けのイベント、音楽イベント、スナックなどいろんなことしてます。

リラックス研究所

codomoマーケットdeリラックス

第5回codomoマーケット inイオンモール 2019.6.2

投稿日:

第5回codomoマーケット出店者募集!!

こんにちは。東京秋川渓谷でアクセサリー工房&ショップOWNP(オウンピー)やってます、店主のたくちゃんです( ^ω^ )

これまでお店で開催してきました”codomoマーケット”。今回はお店を飛び出し規模を拡大し、舞台をイオンモールに移します。

第5回codomoマーケット出店者申し込みのご案内です。

まずは、codomoマーケットってなに?ってところからお話ししていきますね。

【codomoマーケットって?】

モノを売る、買うってなに?お金ってなに?これからの生き方って?までがぎゅーっとつまった新しいマーケット!
それが”codomoマーケット”です。
お店の人は全員小学生。
使うお金は”ほんもののお金”!ニホンギンコウケン!
なにを売ってもOK!
ルールはふたつ。
お店のアイデアは子どもが決めること。
売り上げたお金はぜーんぶ子どものモノにすること。
さあキミの人生初のお店を出してみないか!?

といった感じです。

雰囲気は下記の動画を見てみてください。第1回の様子を撮影し作った動画です。

2分でわかるcodomoマーケット

【主催者"たくちゃん"codomoマーケットへの想い】

きっかけは2018年5月。お店で開催した絵本展でのこと。小学2年の息子が勝手に商売を始めたんです。絵本展の出口のところで家にあったお菓子を売り始めました。1個100円と書いたPOPを作ってその横にちょこんと座って。いらっしゃいませ〜とやり始めたんです。一瞬何してくれてんだー!と思いましたが、いやこれは面白いかもしれないと様子を見ることにしました。

img_0263-1

いろいろな人に声をかけてもらっていました。100円は高いんじゃない?とかこんなのあったらいいんじゃない?とか。そんな中3日目に歴史的瞬間が訪れます。なんとお菓子が一つ売れたのです。息子は7歳にして一つ自分でものを売る経験をしたのです。その時の息子の喜びようは大変なものでした。期間中様々な工夫をし最終的に”アメ10円”がヒット商品になり、320円という売り上げをあげたのです。

この一連の中で息子はものすごいたくさんのことを吸収し学びました。

この経験を息子の友達にもさせてあげたいと思ったのがcodomoマーケットをやろうと思ったきっかけです。

img_1624

テクノロジーの進化によって私たちがやることは変化していきます。今は時代の変わり目です。新しい世界に適応していくには何をしたらいいのか。codomoマーケットにはそのヒントが詰まってると思うようになりました。

(→その時の記事codomoマーケットを始めようと思ったきっかけ】

◆コンセプト◆

1、ニホンギンコウケン。

本物のお金を使ってモノを売り、お金ってなんだろう?を考え学ぼう。

2、自己決定

人に言われたことをやるから自分で決めたことをやるへ。

3、コミュニケーション

社会でのコミュニケーションは怖くないことを知ろう。アウトプットに慣れよう。

子どもたちが本物のお金を使って商売に挑戦する姿は本当にイキイキしていて楽しそうで、自分のアイデアのモノが売れた時の笑顔はキラッキラで本当に嬉しそうで、、

それは”ごっこ”じゃないリアルなお金を使うからこそのドキドキと喜びで、体験としてとても強烈で深く子どもの心に刺さってるなーという実感があります。

小学生くらいになると子どもはお金にとても興味を持ちます。そのタイミングで売る側に立ち、お金について学び始めることは子どもたちにとって様々な角度から有意義なことだと感じています。

img_5034

codomoマーケットでうちの息子が初めて稼いだお金で買ったのが、「午後の紅茶レモンティーホット」笑。子どもの行動は読めないですね。でもそれでいい。お金を稼ぐことも、無駄遣いすることも、早いうちに経験すればいい。お金の使い方も稼ぎ方も正解はない。極論を言えばキミが幸せになるツールだからなんだっていいんだ。ただいろんな使い方、稼ぎ方があるということを知っておくことはとても大切なことだと思う。知った上で選ぶことが大切だ。知らないで、何も考えないと、選んでないのに、ある一方向に流されていくことになる。そうなると、行き詰まった時にどうしたらいいかわからなくなる。自分で選んでないので、誰かのせいにしてしまう。社会のせいにしてしまう。時代のせいにしてしまう。みたいなことが起きちゃう。失敗だったと気づくのにもけっこう時間がかかるからはやくから学んだ方がいい。18歳の初バイトから、22歳の初任給から、自分で稼ぐことと無駄使いを学びはじめるなんて遅すぎる。もったいない。小学生になったらもう学んでいい。リアルなお金を体感してしまった方がいい。というのがボクの考えです。

商売の仕組みを教えてそれを模倣させるのも楽しいと思う。ただ最初はノールールでやりたいことをやりたいようにやったらお金稼げちゃったわー!わーお金稼ぐのって楽しい〜!ってとこから入るのがいいと思ってます。この社会で生きていくなら、お金という要素は切っても切れないものであることは間違いないから、お金がどういう役割を果たしているのかということを、少しだけ掘り下げて考えられるようになっておく必要はあると思う。codomoマーケットをやりながら、楽しく、子どもたち、お父さん、お母さんたちと一緒に考えていきたいと思っています。

過去のcodomoマーケットのことやcodomoマーケットに関して書いた記事がたくさんあります。読んでみてください。→こちら

長くなってしまいましたが、下記、開催概要と申し込み方法です。

【開催概要】

モノを売る、買うってなに?お金ってなに?これからの生き方って?までがぎゅーっとつまった新しいマーケット!

それが”codomoマーケット”です。

会場:イオンモール日の出 2F イオンホール

開催日時:2019年6月2日(日)

12:00〜15:00

◆ルール◆

1.子どものアイデアのお店であること

2.売上金は全額子どものものにすること

3.facebookやInsta等SNSで出店の告知、準備の進捗、出店後の感想、合計3回以上投稿できること(保護者が)

※資金面、技術、知識など準備段階から当日まで、子どもの思いつきを全面サポートしてあげてください。おじいちゃんおばあちゃんおじさんおばさんまで巻き込んで盛り上げてください。手伝ってください。つり銭の準備や当日のお金の管理なども、年齢や状況によって大人のサポートをお願いします。

◆出店資格◆

小学1〜6年生(保護者同伴できる方)

◆スペース◆

幅1.8m×奥行き1.8m(机等貸し出しはありません)

シートをひいて、ミニテーブルを持参してなどスタイルは自由

◆準備するもの◆

1、お店の名前を書いた看板

2、値段をつけた売るものとつり銭

3、楽しもうというワクワクの気持ち

◆参加申し込み方法◆

スマートフォンまたはパソコンから参加フォームよりお申し込みください。

【2019年4月21日(日)12:00 申し込み開始】

https://forms.gle/BrXhrWPx2rnQ4fh87

募集定員:40組(先着)

出店料:1ブース(1.8m×1.8m)1,000円

(出店料はイベント参加者の保険加入費用、会場使用料、および本イベントの広告費用に充てられます。)

◆出店料振込先◆

ゆうちょ銀行 10040-79423261 ユ)オウン•ピー

※申込より1週間以内にお振込お願い致します。

※振込手数料はお客様ご負担でお願い致します。

※保険加入の都合上、お申込者の事情により不参加になった場合の返金は致しかねますので、予めご了承ください。

ご応募お待ちしてます!!!

-codomoマーケットdeリラックス

Copyright© リラックス研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.