地球の美しい鉱物原石を世界各地から買い付け、アクセサリー制作をしています。東京秋川渓谷にある店舗では原石研磨体験、子ども向けのイベント、音楽イベント、スナックなどいろんなことしてます。

リラックス研究所

思ったこと〜リラックスへの道〜

さよなら2018

投稿日:

なんという一年だったのだろう
2018年という年よ
何に導かれたのだろう
手を引かれ、支えられ
気づいたらここにいた

そんな一年だった

振り返れば今年の初め
妻の実家で新年を迎えた
駅前の百貨店で毎年恒例の買い物に出かけた
ぜんぜん楽しめない自分がいた
理由もなくイライラしていた
買いたいものも欲しいものもなかった
何が欲しいのか全くわからなかった
イライラをそのまま撒き散らして
人への配慮もなく
考える余裕もなかった
最悪だった
なんて年の始まりだろうと思った

あれから1年

僕の身に何が起きたのだろう

ビフォーアフターも甚だしい
笑ってしまうくらいに

もう少し振り返れば
2016年に引っ越してお店を開いた
順風満帆のはずだった
でも試練はすぐにきた
基盤になってたネット経由の売上が急降下
社員を全員解雇という状況
あっという間の出来事だった
何が起きたんだ

戸惑いわからないふりをしてたけどわかってた
気づきたくなかっただけだ

自分を生き始めないといけなかった
覚悟を決め自分に正直にまっすぐに

時代がそっちの方へ大きく大きく展開していた

でもその覚悟がなかった
今までの流れでそのまま行けるならそのままがいいと思ってたから
なかなか踏み出せなかった

思い返せば
3年前くらいから現状維持を願い始めていた

少しずつ確実に着々と世の中は変わるのに
僕は現状維持を求めていた

その結果、置いてかれた、底を見た
このまま行ったら奈落の底ってやつだ
実際奈落の底が見えたよ

いやだ
いやだ

こんなの嫌だ

絶対嫌だ

と思った

でもどうしたらいい?

わからない

何をしたらいい?

わからない

そんな時にキングコング西野亮廣さんに出会ったんだ

西野さんのブログを読んだ時、撃ち抜かれたよ

こんな世界があったのかと

こんなに先をいってる人たちがいたのかと

僕は何をしてたんだと

探さなければ入ってこない類の情報だった

今僕が突破しなきゃいけない壁を言葉で立体的にして見せてくれてた

壁の前で立ち往生してる自分からしたら
その壁をいとも簡単に突破したように見える西野さんや
その周りにいる人たちは眩しすぎて見るのが辛かった

さらに突破してもう見えなくなるほど遠くの方まで行ってしまってる西野さんたちは別世界のことのようだった

出会ってきっかけを掴んでるのに、またそれを自分の中だけで消化しようとしてる僕がいた
悪い癖が出ていた

でもそれをぐっと手繰り寄せた人がいた
僕の妻だ

西野さんがやっているクラウドファンディングに手を挙げたのだ
しかも直談判で

なんてことを!

そこに行ったら今のしょうもない自分の状態を丸裸にされてしまう

その恐怖心から僕は踏み込めずにいたんだと思う

カッコつけたままでいたかった

全然かっこよくなんてないのに

でも妻はなんの装備も持たず完全な丸腰で乗り込んでいった

相当な覚悟だったろう

そこからは妻が作った波の渦の中でぐるぐるともみくちゃにされてなんとかやってきた

そしたらここにいた

妻よ

いつも僕の少し先を行ってる妻よ

なんて人なんだ

最高かよ

もうすぐ2018が終わり、2019年が始まる

1年の終わりにたくさんのお世話になった人たちへの感謝の気持ちのブログにしようと思って書き始めたら、妻への感謝のブログになってしまった。

-思ったこと〜リラックスへの道〜

Copyright© リラックス研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.